2013年3月1日金曜日

NOと言えない日本の首相・・・安倍首相が早い段階でのTPP交渉参加を表明

安倍総理の「なるべく早い段階」というのは、いつのことなのかはわからないが、どちらにしてもアメリカの要望に沿い、早期にTPP交渉に参加したいと思っているようだ。
しかし、おそらく事前協議には、1回参加できる程度で、日本の要望は、ほとんど受け入れられないと考えた方が間違いないだろう。TPPは外交交渉であり、各国が自国に有利な条約になるように交渉するわけで、自国に不利(日本に有利)な条件を、わざわざ提示するとは考えにくい。
どちらにしても、すべからずアメリカの言うとおりに進めるという「NOと言えない日本」の典型的な事例である。安倍内閣に本気で条件闘争する気があるのかも疑われる状況だ。
今回の訪米で感じられたことは、思った以上に米国の態度が冷ややかだということだ。やはり米国にとっての最大関心国は中国だということだろう。
そう考えると、今後の日米関係がどうなるかは、おおよそ想像がつきそうだ。
日本にとって外交の基軸になるのは日米関係だ。米国にとって外交の基軸になるのは米中関係だ。米国にとって日本は中国との外交交渉の為の駒でしかないということだろう。
TPPに関しても、医療、保険、金融、農業などを除けば、そんなにアメリカにメリットがあるわけではない。自動車に関しても、日本国内の自動車販売台数の減少傾向が続く中では、そんなに期待できるわけではない。今や少子高齢化、国民の可処分所得の減少が進む日本は、将来性がある市場ではなくなりつつある。
同じように、日本にとってもTPPのメリットは、ほとんどないと言っても過言ではないだろう。
現状でも、貿易収支は赤字だ。TPPで関税が自由化されれば、更に輸入が増え、貿易赤字が増える可能性が高い。それ以上に輸出が増えればいいが、日本の貿易構造の変化でそれも余り期待できそうにない。
いくら農産物の輸出を増やしても金額ベースでは微々たるものだろう。ましてや原発事故によるマイナスイメージは、そんなに簡単にぬぐい去られるものでもないだろう。
TPP=日本の国力を低下させる条約
と考えた方がいい。
いつも書いているように、日本の課題は、行き着くところ人口問題に突き当たる。
少子高齢化、人口減少、晩婚化、結婚しない人の増加、離婚の増加など課題は山積している。
政治家や官僚、評論家は問題の対処法として環境の整備を口にするが実は、これ以前の問題の方が大きいことは余り取り上げない。
「結婚したいと思わない。 子供を産みたいと思わない。 子供は一人で十分だ。」などと考える人が増加したことが問題なのだと思う。そしてこれは個々の気持ちや考え方の問題であり、環境が整備されたからといってすぐに変わるようなものではない。
勿論、経済的な理由も大きいが、それは雇用の問題であり、まずは国民が「結婚生活はいいものだ。」「家族とはいいものだ。」「子供は多い方がいい。」などと思えることが重要ではないだろうか。
その上で環境整備が必要なものは、進めていく。というのが順序だろう。
時間がかかることはわかりきっているが、この部分をないがしろにして、日本の将来を考えることはできない。
残念ながら、現状の日本は、道徳観や倫理観が欠如している人が増えているように思えてならない。
活力のある日本をどのようにして作るのか。それは個々の国民が前向きになり活力ある生活を送ることであり、それの根本は家庭にあると思う。
安倍首相は「強い日本」を造りたいようだが、その根本は国民生活にあることを理解しているのだろうか。
威勢のいい言葉ばかり安倍首相の口から聞こえてくるが、それとは裏腹に顔色が優れないのはなぜなのだろう。心の中に闇を抱かえているのでは・・・。とつい勘ぐりたくなるのは私だけであろうか。


4 件のコメント:

通りがけ さんのコメント...

大和魂へ告ぐ

「石原慎太郎はいますぐ維新の会を離党脱出せよ!安倍スケープゴーチー内閣は橋下ヒットラー独裁首相への撒き餌にすぎぬ」

阿修羅「[民主党] 前原・玄葉・安住 維新の会に行くのか 参院選見通しに党内は騒然 (日刊ゲンダイ) 」
へ書き込み
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/532.html

70. 2013年3月02日 22:43:33 : rWn9PLlcps
>>68. 2013年3月02日 21:50:31 : fqnE6o0F5s
>石原慎太郎入院

そうか。やはり前原が動いたからな。

石原慎太郎は直ちに維新の会から脱出する離党届を出すべし。電撃深夜離党することが肝要。

維新の会が橋下徹を衆議院比例名簿第一位にする前に。


71. 2013年3月02日 22:59:04 : rWn9PLlcps
亀井よ。古くからの友人として石原慎太郎の名を惜しむ気が少しでもあるなら直ちに面会して首根っこをひっつかんでも友達を維新の会から引っぺがして離脱させろ。
そうしてこそ亀井も真の日本男児であるとされよう。

73. 2013年3月02日 23:59:30 : rWn9PLlcps
石原慎太郎が維新の会にいる限りいつ何時橋下徹衆議院議員「捏造」のために(前原に)寝首を掻かれて「維新の会比例区選出衆議院議員」の地位を強奪されるかわかったもんじゃ無いからな。
石原が病院という密室へ入院したことは「麻薬」王前原にとって好きなように料理できる蜘蛛の巣にがんじがらめに囚われた昆虫みたいなもんだ。

押尾事件の麻薬も酒井事件の麻薬も芸能界麻薬は全部芸能界を牛耳る麻薬王前原の所から供給されたもんだしね。病院は前原のテリトリーである。

ジャパンハンドラー首領は麻薬王芸能界暗黒魔王禍々しき二世ユダキンスパイ前原誠司である。

通りがけ さんのコメント...

安倍に国内かく乱を命令しているのは前原である。



「石原慎太郎は今すぐ維新の会を離党せよ」

阿修羅「小沢一郎代表「TPPでのアメリカの狙いは農業ではなく保険、医療、知的所有権というデカいものを狙っている!」」へ書き込みました 
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/574.html

99. 2013年3月04日 19:30:22 : rWn9PLlcps
>>97. おじゃま一郎 2013年3月04日 17:02:54
>原発推進、TPP参加の公約は違反していないと
そりゃそーだ。おじゃまいちろうの恐怖の雇い主蛇の目をした前原はユダ金イルミナティと戦後一蓮托生だから、国会活動で「地位協定破棄」を絶対阻止し、TPPや原発推進攻撃で国会と世論をかく乱している隙に橋下ファシズム独裁首相を誕生させ日本をアメリカと同じ戦争の狂犬国家に仕立て上げるのが【大義】なのだ。ゆえにマッカーサーGHQ との吉田茂が密室で結んだ【ヒロヒトの売国命乞い】「チンの天皇位を保護してくれれば日本の国土と常民民衆を米軍様に差し上げます」密約の延長である「原発の推進、TPP参加」を、マッカーサーと一蓮托生である公明党が必死になって約束を果たすのは理の当然。池田大作麻薬王はもう死んだからいまは生まれながらの悪魔ユダ金申し子前原暗黒麻薬邪蛇王がその「公約」=「公」明党の「約」束を果たすべく日本国内国会内で要人テロやりまくりなのさw

民主党石井こうき議員が創価の悪行について国会質問する前夜菅に話したために翌朝すかさず殺された。なぜ菅なのか?菅は深夜直ちに前原へ通報し前原がすばやく創価子飼いのテロリストを送り込んだのである。前原はそのために国会議員となって国会内で殺すべき標的を渉猟していたし今も同じである。

そもそも国会議員という地位は国会内の厳重なセキュリティをものともせずに情報収集するのにうってつけだから、GHQスパイとして治外法権の虎の威を借りて悪事という悪事をやり放題にやっているうちに頭が狂って日本の王になる野望妄想にとり憑かれた池田大作が、学会のウラ組織と裏金を大動員して隠し子前原を民主党議員に仕立てて国会へ送り込んだのである。

そうそう、地下鉄サリン事件の捜査中にオウム村井を刺殺させたのも前原である。これはオウムと創価が一体で麻薬を扱っていたことがばれるのを防ぐためだったが、これで四男がオウム幹部(といってもただのペンキ屋)だった石原慎太郎に大きな貸しを作った。このあと亀井が石原の堕落を叱責し袂をわかったのはこれが原因である。

話がそれちまったなw

ま、おじゃまいちろうよ。お前の飼い主蛇男によろしくなwドラキュラと同じで日光の下では生きてゆけない闇のヨワッチイ魔物など、日出づる国では生きてゆけないのだから命が惜しけりゃさっさと亡命しろよって伝えてくれwww

あと、石原慎太郎よ。いますぐ維新の会を離党しなさい。亀井も家族も泣いておるぞ。

通りがけ さんのコメント...

『世間虚仮唯仏是真』

「やすみししわがおおきみの民を安んじませたもうおおみこころおおみことのり」

2012年3月11日

『東日本大震災から1周年、ここに一同と共に、震災により失われた多くの人々に深く哀悼の意を表します。
一年前の今日、思いも掛けない巨大地震と津波に襲われ、ほぼ2万に及ぶ死者、行方不明者が生じました。
その中には、消防隊員をはじめ、危険をかえりみず、人々の救助や防災活動に従事して命を落とした多くの人々が含まれていることを忘れることはできません。
さらに、この震災のため、原子力発電所の事故が発生したことにより、危険な区域に住む人々は、住み慣れた、そして、生活の場としていた地域から離れざるを得なくなりました。
再びそこに安全に住むためには放射能の問題を克服しなければならないという、困難な問題が起こっています。
この度の大震災にあたっては、国や地方公共団体の関係者や多くのボランティアが被災地に足を踏み入れ、被災者のために様々な支援活動を行ってきました。
このような活動は、厳しい避難生活の中で、避難者をなごかそませ、未来へ向かう気持ちを、引き立ててきたことと思います。
この機会に、被災者や被災地のために働いてき人々、また、原発事故に対応するべく働いてきた人々の尽力を、深くねぎらいたく思います。
また、諸外国の救助隊を始め、多くの人が被災者のため、様々に心を尽くしてくれました。
外国元首からのお見舞いの中にも、日本の被災者が厳しい状況の中で、互いに、絆を大切にして復興に向かって歩んでいく姿に、印象づけられたと記されているものがあります。
世界各地からの、大震災にあたって示された厚情に深く感謝しています。
被災地の今後の復興のみちのりには、多くの困難があることだと予想されます。
国民皆が被災者に心を寄せ、被災地の状況が、改善されていくよう、たゆみなく努力を続けていくよう期待しています。
そして、この、大震災の記憶を忘れることなく子孫に伝え、防災に対する心がけをはぐくみ、安全な国土を目指して、進んでいくことが大切と思います。
今後、人々が安心して生活できる国土が築かれていくことを一同と共に願い、御霊への追悼の言葉と致します。』

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65794510.html#comments
より転載(私の考えで改行し、語句多少修整しました)

「不言実行菩薩常民国日本を守る躾の伝統」

大和魂は血筋に関係ない。それは支配者の血統には存在せず日本の躾で育った民衆すなわち日本人常民の親子の縁の中にある。

日本は釈尊ご誕生以前から菩薩を育てる揺籃の地すなわち菩薩常民国である。菩薩が輪廻転生して500生菩薩行を不退転で続けてはじめて成道して仏陀となる。仏陀成道すれば輪廻を脱するのでこの色界を離れ涅槃に入り再び色界に生まれ出ることは無い。

2600年前インドにおいて五百生の菩薩輪廻転生を遂げた釈迦牟尼菩薩が菩提樹の下で明けの明星を視てついに正覚に達し覚者仏陀となられた。そのまま涅槃に入ろうとなられたが、時にすべての天人達が覚者釈迦牟尼仏陀のもとに集まって「この世の衆生悉く仏法を知らず苦界に沈んで嘆き悲しみ迷い苦しんでおります。釈迦牟尼仏陀におわされましては今暫く入滅して涅槃に入られるのをご猶予いただきこの世に留まられて迷い苦しむすべての衆生に仏の大慈悲を垂れたまい無上の悟りの道をお示しください」と声をそろえて懇願したのをお受け給わりくださって、ここに釈尊の貴きみ教えが世に顕れたまうことになられたのである。

衆生本来仏なり。

仏の大慈悲が世に顕し給うた貴きみ教えとは戒ではなく菩薩の布施である。
釈尊は仏の大慈悲でこの世に留まり色界における仮の宿りであるその体が滅びるまで仏法をすべての衆生へ大布施くださり、因果の輪廻を解脱する方法を言葉では無く行いですべての衆生へ明らかにお示したもうた。

日本常民の躾はこどもが大きくなって菩薩となりこの世へ布施を行うようになるための慈愛に満ちた親心の教育である。「親おもう心にまさる親心」

扶桑の島が地上に誕生して以来日本は親から子へ慈悲常民菩薩布施の行いを伝え続ける国である。父母未生の因果因縁の輪廻によってこの世に生まれてくるすべての衆生が悉く菩薩の布施を行じて少しでも成道に近づくようにこの世を生きて欲しいと限りない慈愛をこどもに注ぐ「子供を守る」菩薩常民庶民社会を親から子へ万余年にわたって伝えつづけて来た常民菩薩布施功徳国が「日本」である。

「日本を守る」ということは親の布施菩薩たちが慈悲を布施することですべての子供たちが成人して布施菩薩に成長するまで守り育てることに他ならない。「白銀も黄金も玉も何せむにまされる宝子に如かめやも」

通りがけ さんのコメント...

[ 親父の小言 ]

朝きげんよくしろ

恩は遠くからかえせ

人には馬鹿にされていろ

年忌法事をしろ

家業には精を出せ

働いて儲けて使え

ばくちは決して打つな

おおめしは食らうな

亭主はたてろ

初心は忘れるな

後始末はきちんとしろ

神仏はよく拝ませ

何事も身分相応にしろ

水は絶やさぬようにしろ

戸締りに気をつけろ

自らに過信するな

怪我と災いは恥と思え

袖の下はやるな貰うな

書物を多く読め

火は粗末にするな

難儀な人にはほどこせ

風吹きに遠出するな

人には貸してやれ

貧乏は苦にするな

借りては使うな

義理は欠かすな

大酒は飲むな

人の苦労は助けてやれ

年寄りはいたわれ

家内は笑って暮らせ

出掛けに文句を言うな

万事に気を配れ

泣きごとは言うな

女房は早く持て

人には腹を立てるな

産前産後は大切にしろ

不吉は言うべからず

病気はよくよく気をつけろ

以下略
転載元:http://www.yamaju1.com/kogoto.htm

Template Design: © 2007 Envy Inc.