2012年12月8日土曜日

民主党は政権を任せられる政党ではない!・・・と多くの国民は思っている。

民主党の主流派と呼ばれる議員達の犯した一番の間違いは「自分たちには政権運営能力がある。小沢の力を借りなくても大丈夫だ。」と大きな勘違いをした点にある。
しかし、そのことを少しも反省していないようだ。
最近の各種世論調査を見ても「民主党中心の連立政権」を期待する有権者は10%以下しかいない。
つまり「民主党は連立相手としての政党」に成り下がったということである。現政権で言えば、国民新党の立場だ。
今回の選挙で投票先を決めていない有権者が50%以上いるという現象が起きている根本的な要因の一つはこの点にある。
「自民党以外に(というか他に選択肢が殆どない。多くの有権者が自民党がいいと思っているわけではないが・・・)政権を任せられる政党が見当たらない。」と考えている有権者多いことが各種の世論調査の結果にも反映されているように思う。(というか投票先を決めていない有権者が50%近く居る状況では傾向として見るのが妥当だろう。)

結論を言えば民主党は「小沢さんを排除した。」ことで政権担当能力も無くしてしまったと言える。
「自業自得」という熟語が今の民主党に最もふさわしい言葉だろう。
その最たるは、小沢排除の代表格であった菅全首相と仙谷氏らが落選の危機に瀕していることだろう。

今、自民党に大勝させないために何が必要かと問われれば、自民党に対抗できる政権担当能力のある連立政権の枠組みを国民に提示することだろう。
そのためには、小沢さんや亀井さんを表にだすことも必要だと思う。
有権者は、経験の浅い議員たちでは政権が運営できないことをここ数年で理解した。
しっかりした政権を運営していくためには、ベテランで官僚組織に睨みがきく政治家が必要であることも理解していると思う。
むしろ小沢さんや亀井さんをうまく表に出し、政権運営能力があることをアピールするのも、ひとつの方法ではないかと思う今日この頃である。

現実に、官僚組織や既得権益層と対等に闘える政治家は小沢さんや亀井さんくらいしか、今の政界を見渡してもいないのだから・・・。
弱点を強みにするという逆転の発想も必要ではないか・・・。
むしろ、それは国民の期待であるのかもしれない・・・。

ここ数日、小沢さんの動向が出てこない。
何かもう一つ仕掛けを考えているのでは?




3 件のコメント:

adatara69 さんのコメント...

多くの国民は、考えない葦のその都度支持の無党派層です。
今回の選挙結果は、マスゴミの喧伝する政党が政権を担うでしょう。
考えない葦のその都度支持の無党派層は反省という言葉を知りません。
ひたすら、マスゴミの起す風に靡くだけです。

通りがけ さんのコメント...

「今度の12月16日国民審査は合憲である」

「未来の党が勝てば最高裁が違憲判決?」竹崎最高裁長官、23年ぶりの訪米
小沢裁判を仕切った伏魔殿:最高裁事務総局総長:竹崎博允
>>http://nueq.exblog.jp/19616764/
へのコメント。

阿修羅へ書き込みました
>>http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/561.html#c30
まー憲法違反の政教一致(創価学会の政治部が公明党)政党公明党は奇形司法とならんで日本の最悪の破廉恥病原だから、今度の選挙と同日施行の「最高裁裁判官国民審査」で投票所へ行って持参の黒ボールペンで最高裁判事全員を投票用紙に力いっぱい「オール×印」刻み込んで全員不信任してやれば公明党も滅ぶから心配しなくても良いよ青木愛ちゃん。
ここに書いたこと「黒ボールペンで最高裁判事オール×印全員不信任懲戒審査」を、政策などどうでもいいから選挙カーの中から路上からどこででも有権者へ大声で訴えてくれれば日本国主権者国民完全勝利間違い無しです。

通りがけ さんのコメント...

「黒ボールペン投票」

阿修羅にアメポチ地位協定スパイ法匪総務省の工作員がいたのでとっちめてやりました。

>>http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/535.html#c138
(一部転載:>>135持参のボールペンで、投票用紙に記入したら無効票だろ?

私はもう何年も前から黒ボールペン投票やってるが全っ然オッケーだったよw)

>>http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/535.html#c140
>>http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/535.html#c141
>>http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/535.html#c142

Template Design: © 2007 Envy Inc.